南部ふるさと塾とは

南部藩発祥の地と云われる南部町は奥州南部氏の入部にはじまり、南北朝時代・室町時代を経て戦国時代に至るまで北東北の中心地でありました。町内には現在に至るまで南部氏に関わる城館跡や菩提所が数多く残っており、南部藩中興の祖とよばれる26代南部信直公の墓所も立地しています。南部ふるさと塾では、この歴史的な魅力あふれる地域性を活かし、南部地方の歴史に関連する各分野の研究者を講師として招き、町内外を問わず広く、郷土の歴史・伝統・文化を学習する場を提供することを目的としています。

ふるさと塾

 

 

 

 

 

 

 

プログラム

  令和3年度のテーマは『戦国大名南部氏の興亡と北奥の宗教世界』と題し、戦国時代の南部氏の動向と北東北の神社・仏閣を中心とした宗教世界について、全6回のシリーズで文献史学や美術史、民俗学など様々な角度から検証し、中世南部氏の謎に迫ります。

 令和3年度南部ふるさと塾.pdf [769KB pdfファイル] 

回次 日時 講師・演題
第1回

令和3年10月2日(土)

13:30~15:30

講師:齊藤利男
  (弘前大学名誉教授・弘前学院大学特任教授)

演題:霊山十和田と十和田古道

第2回

令和3年11月6日(土)

13:30~15:00

講師:若松啓文(東北史学会員)

演題:南部氏と中世聖寿寺と臨済僧

第3回

令和3年12月11日(土)

13:30~15:00

講師:熊谷隆次(八戸工業大学第二高等学校教諭)

演題:根城南部氏と大慈寺

第4回

令和4年1月29日(土)

13:30~15:00

講師:滝尻善英(青森県文化財保護協会副会長)

演題:室町期北奥の民間信仰

第5回

令和4年2月5日(土)

13:30~15:00

講師:須藤弘敏(弘前大学名誉教授)

演題:糠部・津軽 一筋につながる中世の仏像神像

第6回

令和4年3月5日(土)

13:30~15:00

講師:工藤竹久(青森県文化財保護審議会副会長)

演題:南部藩領の山車祭礼と剣吉諏訪祭礼

会場:南部町立町民ホール「楽楽ホール」 町民ホールアクセスQRコード

定員:160名

入場無料

 

※新型コロナウィルス感染症の状況により日程・内容は変更または中止となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 

お申込み方法

 令和3年度の南部ふるさと塾は、新型コロナウィルス感染対策のため、定員(160名)を設けた事前申込制により開催いたします。申込の際には往復ハガキに下記の項目を記入し、史跡聖寿寺館跡案内所へお送りください。定員を超えた場合は抽選とし、抽選結果は9月21日頃までにお知らせいたします。

 

往復はがき記入例 

○記入事項
(1)参加者氏名
(2)郵便番号・住所
(3)電話番号
(4)参加希望の回 

 

○送付先
史跡聖寿寺館跡案内所(〒039-0104 青森県三戸郡南部町大字小向字正寿寺81-2)

○申込期限 令和3年8月31日(火) ※当日消印有効

○注意事項
・返信ハガキを「入場整理券」として返送しますので大切に保管し、講演当日に必ずご持参ください。
・入場整理券はご本人様以外は使用できません。