青森県伝統工芸品の指定について 

 県では、青森県の歴史と風土に培われ、県民の生活の中で育み受け継がれてきた工芸品を青森県伝統工芸品として指定することにより、その声価を高め、工芸品の製造に携わる事業者等の製造意欲の高揚及び伝統工芸産業の育成・振興を図ることを目的として、平成7年度に青森県伝統工芸品指定制度を創設しています。

 今年度指定を受ける伝統工芸品を以下のとおり募集しますので、南部町に住所を有する方又は南部町に住所を有する方が代表を務める団体で指定要件に合致する工芸品がありましたら商工観光課までご連絡下さい。

1.指定要件

  1. 主として、日常生活の用に供される工芸品であること。
  2. その製造工程の主要部分が手工業的であること。
  3. 伝統的な技術又は技法により製造されるものであること。
  4. 原材料が伝統的に使用されてきたものであること。
  5. 当該工芸品が、おおむね50年以上の歴史を有するものであること。 

2.申請者

  工芸品を製造する者又はその者を構成員とする団体

3.募集期限

 ・令和元年6月28日(金) 

4.指定までの流れ

 (1)町へ申請書等提出(申請者) ⇒ (2)町を経由して県へ申請(町) ⇒ (3)青森県伝統工芸指定審査会による審査(県) ⇒ (4)町を経由して申請者へ伝統工芸品指定書を交付(県)

 

 詳しくは、以下のリンク及びパンフレット(PDFファイル)をご確認ください。

リンク 

 青森県の伝統工芸品(青森県庁ウェブサイト)

ダウンロードファイル

 青森県伝統工芸品パンフレット⇒dentoukougei_all.pdf [13250KB pdfファイル] 

 

 青森県伝統工芸士認定候補者の推薦について 

 県では、県が指定した伝統工芸品の製造に従事している技術者のうち、高度の技術・技法を保持している方を「青森県伝統工芸士」に認定することで、その社会的な評価を高めるとともに、従事意欲と技術の向上を図り、伝統技術・技法の指導者として工芸品の振興、後継者の育成と伝統工芸品の次世代への継承に寄与することを目的として、平成13年度に青森県伝統工芸士認定制度を創設しています。

 今年度認定について、以下のとおり実施しますので、南部町に住所を有する方で認定基準を満たす方がおりましたら商工観光課までご連絡下さい。

1.認定基準

  1. 青森県内に居住していること。 
  2. 伝統工芸品の製造の実務経験年数が12年以上あり、かつ現在もその製造に従事していること。
  3. 伝統工芸品の製造に関する高度の伝統技術又は技法及び必要な知識を有し、その維持又は発展に努めていること。 
  4. 後継者育成に熱意のある人。
  5. 青森県伝統工芸士にふさわしい高潔な人格を有すること。
  6. 経済産業大臣認定の伝統工芸士でない人。 

2.推薦者

  市町村長又は法人格を有する指定製造業者の長

3.募集期限

 ・令和元年6月28日(金) 

4.認定方法

 県・学識経験者・関係行政機関の職員で構成する青森県伝統工芸指定審査会において、推薦書及び作品をもとに審査し、県知事が伝統工芸士認定証及び伝統工芸士章(盾)を授与する。

 

 詳しくは、以下のリンク及び一覧表(PDFファイル)をご確認ください。

リンク 

 青森県の伝統工芸品(青森県庁ウェブサイト)

ダウンロードファイル

 青森県伝統工芸士 工芸品目別一覧⇒h30_dentoukougeishi-meibo.pdf [81KB pdfファイル] 

お申込み・お問い合わせ先

 ・南部町商工観光課(本庁舎) TEL 0178-84-2119