計画の趣旨

急速な少子化、核家族化、就労の多様化、地域社会の希薄化などは、子どもや子どもを取り巻く社会環境に大きな影響を及ぼすことが懸念されています。

このような状況の下、本町では平成31年度までを計画期間とした「子ども・子育て支援事業計画」を策定し、子どもを産み育てやすい環境づくりを地域社会全体で取り組み実現することを目的に、様々な子育て支援施策を展開してきました。

このたび、「子ども・子育て支援事業計画」の後継として、令和2年度から6年度までの5年間を1期とする「第2期子ども・子育て支援事業計画」を策定することとなりました。

この計画は、「子ども・子育て支援の質・量の充実とともに、家庭、学校、地域、職域その他あらゆる分野の構成員が、子ども・子育て支援の重要性に関心・理解を深め、各々が協同し、役割を果たすとともに、そうした取り組みを通じて、家庭を築き、子どもを産み育てるという希望をかなえ、すべての子どもが健やかに成長できる社会の実現」を目的として策定するものです。

計画の期間

令和2年度から令和6年度までの5か年

計画の内容

計画表紙 [1659KB pdfファイル] 
計画本文 [34794KB pdfファイル]  

子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査概要

計画策定に向け、子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査を平成30年11月に実施しました。 

平成30年度 子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査 報告書 [4642KB pdfファイル]