史跡聖寿寺館跡御城印

 史跡聖寿寺館跡をはじめ、南部氏ゆかりの七つのお城で「御城印」の販売が始まりました。聖寿寺館跡「御城印」は弘前市在住の書道家 中堂佳音氏の書を、南部町出身のデザイナー 上山保治氏がデザインし、聖寿寺館を築城したと考えられる十三代南部守行の肖像画背後の旗指物に描かれた南部氏の家紋「向鶴」があしらわれています。登城の記念に御城印を集めながら、南部氏の城館めぐりをお楽しみください。
 御城印の売り上げは国重要文化財南部利康霊屋の維持管理に活用いたします。

 

販売場所 史跡聖寿寺館跡案内所
               住所 南部町大字小向字正寿寺81-2
     TEL    0179-23-4711

販売価格 300円

 

御城印ポスター.pdf [10047KB pdfファイル] 

御城印一覧.pdf [5153KB pdfファイル]         

 

         

御城印とは

 「御城印」とはお城を訪れた記念の証として、各地の城で販売されているものです。南部氏ゆかりのお城を文化財として保護し、整備・活用を図るため、各城館・城郭を有する自治体や関係団体が連携し、「御城印」を販売するプロジェクトがスタートしました。「御城印」の売上げの一部は、各城の維持管理や整備・活用等ににあてられます。

南部「御城印」プロジェクト 参加自治体・販売場所

 青森県  南部町 聖寿寺館(国史跡) 史跡聖寿寺館跡案内所
      八戸市 根城(国史跡・日本100名城) 史跡根城の広場・八戸市博物館
      鰺ヶ沢町 種里城(国史跡) 光信公の館 
            三戸町 三戸城 三戸町立歴史民俗資料館
 岩手県  二戸市 九戸城(国史跡・続日本100名城) 二戸市埋蔵文化財センター
              久慈市 久慈城(市指定) 道の駅くじ やませ土風館
              遠野市 鍋倉城 遠野市立博物館